エフケイ東京南支社

車両料率クラスってなんですか?

投稿日時 : 2019年08月17日 16時38分

型式別料率クラス、いわゆる車両料率とはどんな内容のものかご存知でしょうか。
これから保険の加入を検討しているなら、知識として覚えておきたいものです。

型式別料率クラスは、対人賠償対物賠償傷害車両保険という4つの項目に大きく分けられます。
自動車の型式ごとに、この4つの項目を1から9の段階に区分し、事故歴などの実績に基づき評価することになります。
自動車を運転する人にとって欠かすことができない車両保険は、車両料率によって保険料が大きく変わってきます

過去に事故もなく、保険金の支払いが少なければ少ないほど、保険料は安くて済みます。
反対に過去に事故を起こしたことがあれば、保険料は高く設定されることになるでしょう。
一概にいうことはできませんが、コンパクトカーなどの場合は一般的に料率は低めに設定されており、一方高級車やスポーツカーなどは高くなる傾向にあります。



どのように車両料率が決定するのか?という点を気にする方も多いでしょう。とりわけ、自動車を持つ人にしてみれば大事なポイントです。

簡単にいえば、交通事故に遭遇しやすい車両事故歴があるドライバーが運転する車両盗難のリスクが高い車両であれば、車両料率は高めに設定されます。
加えて、故障や不具合などの箇所が生じた場合に、高額な費用がかかることが予測する車両についても同様に車両料率は高くなります。
高級車やスポーツカーなどの料率が高くなるのもこれが主な要因です。

なお、全ての車両において、車両料率が適用されるわけではありません。
車両料率が適用される車種としては、自家用普通乗用車や自家用小型乗用車が挙げられます。一方、自家用軽四輪貨物車などは適用外となります。