保険選び.com三洋堂鳥居松店

車両保険を契約するか迷う…メリットとデメリットを解説!

投稿日時 : 2019年08月02日 18時48分

こんにちは。保険選び.com三洋堂鳥居松店です。


今回は、「車両保険のメリット・デメリット」についてお話しします。



------



日本では自賠責保険の加入が義務となっているため、車両保険には基本的に自賠責保険ではカバーできない部分を補償する役割があります。
車両保険に加入していれば、交通事故などによって自分の車両が故障した際に修理費用の支払いを保険に負担してもらうことが出来ます。自動車によっては修理費用が数百万円に及ぶこともあるため、車両保険に入るメリットがあるといえるでしょう。

車両保険にはエコノミー型一般型があります。

エコノミー型の場合は、あて逃げや単独事故などの際に補償してもらうことが出来ませんが、料金がやや低めに設定されています。
一般型の場合は料金がエコノミー型よりもやや高めですが、単独事故などにも対応してもらえます。
どちらも、補償の範囲を確認して選ぶことが重要といえるでしょう。



車両保険に加入するデメリットは、やはり月々の料金がかかることです。車両保険に加入していると事故を起こしても起こさなくても一定額の支払いが必要となります。

また、事故を起こした際に車両保険を使用して補償を受けると等級が下がります
等級は低くなれば低くなるほど保険料が高くなる仕組みとなっています。そのため、交通事故を頻繁に起こしてしまい、車両保険を何度も使用している方は月々の負担がどんどん増していきます。
逆に言えば無事故を続けていると等級が上がって保険料負担が減ることになります。

車両保険で補償される金額は、実際の修理費用に基づいて決まります。比較的値段の安い自動車に乗っている場合はそれほど修理費用が高くならない可能性があるため、車両保険のメリットを感じにくくなってしまう可能性があります。



車両保険に入っていると、自分の車を修理する費用を安定して確保することが出来ます。特に修理費用が高額になりやすい高級車に乗っている方にとってはメリットが大きいといえるでしょう。

しかし、毎月の保険料がかかることや等級の低下による保険料アップなどのデメリットもあるので、加入するかどうかを慎重に検討する必要があるといえるでしょう。