エフケイ伊勢支社

認知症保険で給付金を受け取れる条件って?

投稿日時 : 2019年03月20日 14時22分

みなさまこんにちは☆
エフケイ伊勢支社です!

前回は認知症保険についての概要をご紹介しましたが、
今回は認知症保険の給付金を受け取る条件について詳しくご紹介します。



***



最近話題となっている認知症保険に興味があるという人は少なくないでしょう。実際に加入するとなるとどうしても気になってしまうのが、その受け取れる条件です。

名前の通り認知症になったら保険金が受け取れると考えている人が多いかもしれませんが、実はそんな簡単なものではありません。
認知症保険は医師から認知症と診断されたからといって、必ずしもすぐに保険金を受け取ることはできません。保険会社の定めた所定の状態になった時に初めて保険金を受け取れるようになっているのです。

認知症保険というのは比較的新しい保険であるため、所定の状態というのは保険会社によって異なっていることが多く、認知症の状態が一定以上続いているかどうか、見当識障害があるかなどの条件があります。



注目度が高く加入者も増えている認知症保険ですが、加入する際には注意しなければならないこともあります。

ポイントはいくつかありますが、その一つとしてどのようにして保険金を受け取るかということがあります。保険金の受け取り方は主に一時金タイプ年金タイプの二種類があります。
一時金タイプは一括で保険金を受け取れるタイプであり、年金タイプは一括ではなく継続的に保険金を受け取れるタイプです。一時金タイプは認知症の治療や介護の初期費用に使いたいという場合に便利なタイプであり、年金タイプは介護サービス費用に使いたいという場合に便利となっています。

それぞれのタイプにはメリットとデメリットが考えられるため、自分の貯蓄額やライフプランを考えてどちらに加入するか検討することが大切です。



認知症保険は認知症になった時に備えて加入する保険ですが、受け取れる条件は所定の状態になっているかどうかで判断されます。この所定の条件は保険会社によって異なっており、事前に確認する必要があります。

保険加入の際には自分のライフプランを考え、一時金タイプか年金タイプのどちらに加入するべきか考えることが大切です。