エフケイ伊勢支社

認知症に備える保険ってどんな内容なの?

投稿日時 : 2019年03月06日 13時00分

みなさまこんにちは☆
エフケイ伊勢支社です!

今回は認知症と保険にまつわるお話です。



***



認知症にかかってしまうと、家をバリアフリーにするためのリフォーム代やおむつなどの介護用品代、施設に入居するなら入居代、通院代など様々な費用が必要です。病気のことだけでなく、毎日の生活費のことも心配しなければいけないこともあります。

そんな心配事を減らす手助けをしてくれるのが、認知症保険です。毎月3000円から10000円の掛け金を支払えば、認知症になったときに保険金が支払われます。

認知症一時金は認知症と診断されて所定の状態になったときに、一時金としてお金が受け取れるシステムです。選んだ認知症保険によって一時金の金額は異なり、30万円から300万円と幅広いです。
一時金は介護が必要になったときのリフォーム代や介護代、施設の入所などの初期費用に使われている傾向にあります。

認知症年金は認知症になったときに一定期間から一生涯に渡ってお金を受け取ります。毎回決められた金額を受け取る年金方式の保障になっているのが特徴です。



認知症保険の加入条件は保障内容や商品によって異なりますが、標準体タイプのものに加入するときには条件が厳しくなることがあります。標準体タイプは健康な状態を保っていて、既往歴などがないときに入れます。病気や認知症になる確率が低いと判断されるので、標準体タイプなら保険料が安くなったりとお得なことがあるのです。

緩和タイプの加入条件もあり、入院中やこれから入院する予定がない、現在肝硬変やガンになっていない、半年以内に手術や入院をしていないなど標準体タイプと比べて条件が緩和されています。加入しやすくなっていますが、その分保険料が高くなっていたりするので、しっかり保障内容を見てから加入することが大切です。

ほとんどの認知症保険は満20歳から70代、80代までなら加入することができ、保険会社の審査に通過すれば加入出来るようになっています。



認知症の保険を選ぶときには様々な会社の商品をチェックし、必要であればファイナンシャルプランナーなどの専門家にも相談して下さい。ライフステージに合わせた保険を紹介してくれるのです。

認知症になると、発症してから3ヶ月から半年以内には保険金が受け取れます。認知症と診断されたら医師に診断書の作成を依頼し、保険会社に連絡をして保険金を受け取る準備をしておきましょう。