エフケイ伊勢支社

葬儀代で迷惑かけたくない…自分で用意するときにピッタリの保険とは?

投稿日時 : 2019年04月03日 11時09分

みなさまこんにちは☆
エフケイ伊勢支社です!

今回は自身で準備しておくと便利な葬儀保険について詳しくご紹介します。



***



一般的な葬儀費用の平均は、195万円とされています。その内訳は葬儀費用一式が120万円程度、参列者の飲食接待費がおよそ34万円、寺院を利用する際の費用が約45万円となります。
もちろん、葬儀の規模や地域差もありますが、一般的な葬儀を行うという場合には200万円程度のお金が必要になるようです。

ただ、この費用を相続財産で賄おうと思っても、それが出来ない場合があります。

原則、相続手続きが全て終了するまで、死亡した人の預金口座は凍結されます。この凍結を解除するには、銀行に相続届を請求し、相続人の範囲を確定させるなど様々な手続きが必要になり、葬儀代を払う時まで間に合わないことも考えられます。

葬儀代で遺族に迷惑をかけたく無いという人は、葬儀保険などでいざという時の準備をしておくと良いかもしれません。



葬儀保険とは、葬儀費用の支払いで困らないように準備をしておくという目的で出来た保険で、顧客の急なニーズに応えられるような少額短期保険の一種になります。

葬儀保険などの少額短期保険には、突発的な支払いが必要になった時に、必要な額だけ引き出せるという特徴があります。
したがって、万が一の時の請求も比較的容易に行えるというメリットがあります。

さらに葬儀保険には、保険金の受取人が法定相続人の場合、保険金500万円まで非課税であるというメリットもあります。

法定相続人が保険金を受け取る場合には、かかる税の種類は相続税になります。
保険金の受け取りにかかる税が相続税の場合、500万円×法定相続人数までの金額は非課税となります。これは、葬儀費用など緊急の資金を確保しなければならない状況であることがほとんどなので、このような税制となっているのです。



自分の葬儀は、いつ訪れるか分かりません。突然訪れた葬儀の際に、家族や親戚などに葬儀代で揉めて欲しくない、そんな想いを持つ人に葬儀保険はぴったりだと言えます。

保険会社によっては、月々の支払いが少額で良いものなどの様々なコースを用意している所もあるので、気になった方は葬儀保険を検討してみると良いのではないでしょうか。

保険代理店などのショップでも、気軽に相談が可能です。当店では無料で相談を承っていますので、お気軽にご来店ください!