保険選び.com三洋堂鳥居松店

自動車保険の更新に当たって注意すべき点とは

投稿日時 : 2019年08月30日 18時56分

こんにちは。保険選び.com三洋堂鳥居松店です。


今回は、「自動車保険の更新で気を付けるべきポイント」についてお話しします。



------



自動車保険の更新をする際は、その補償内容をしっかりと確認しなければなりません。
自動車保険の補償内容には、賠償、傷害、車両などがあります。中でも、事故の際に損傷した車両や近くの店舗などに対して発生する対物の賠償、相手を死傷させてしまった場合に発生する対人の賠償は高額になります。
賠償は多くの自動車保険に含まれていますが、重要な項目なので内容はしっかりと確認しておきましょう。

補償内容に入れるかどうかで迷う方が多いのが車両保険です。
車両保険は自身に過失がある事故で相手に対して修理費を払う場合に適用されるというのが一般的な内容です。

保険内容によっては、車両に対するいたずらや、単独事故に対しても適用されることがありますが、補償範囲が広くなるとその分保険料は高くなります。
そのため、補償内容と保険料が割に合うものであるかを考える必要があるのです。



自動車保険では、運転者の年齢を指定したり、運転者を限定する特約が内容に含まれているものがあります。補償範囲を狭めることによって、保険料を抑えることができるというメリットがあります。
ただ、特約に含まれない条件の人が運転した時に発生した事故については保険が適用されないというリスクがあります。

また、子どもの成長によって家族の中で運転できる人が増えた場合、特約が付いたままであることを忘れて子どもに車を使わせた時に事故が発生すると、大きな賠償額を背負うことになりかねません。

補償範囲を広げると保険料が大きく上がるので、乗る回数が多い人だけに限定した特約が付いたままで自動車保険を更新してしまう人も多いです。
しかし、万が一に備えて運転する可能性がある人は全員含んでいる保険内容に変更するようにしましょう。



自分が事故を起こすことはない、自分以外の人に運転させることはないといった決めつけから更新の際に補償範囲を狭めたものに変更してしまう人は多いです。
自動車保険は、内容が充実したものにすることで運転の際に心の余裕が生まれますし、誰かに運転してもらうことも可能になり利便性も増します。更新の際は、現在の内容で安心できるかという点を大事にしながら内容を確認しましょう。