保険選び.com加賀店

男性特有の病気のためのがん保険

投稿日時 : 2018年11月30日 15時08分

皆さんこんにちは、保険選び.com加賀店です!

前回のブログでは女性におすすめの医療保険をご紹介しましたが、
今回は「男性特有の病気のためのがん保険」について詳しく解説していきたいと思います!



*   *   *



男性特有のがんのひとつとして前立腺がんが挙げられ、近年ではかつて多かった胃がんを抜いて前立腺がんにかかる男性が増えている傾向にあります。

40代の現役で働き盛りの男性の発症率も増えていますが、5年以上の生存率も高いため、治療後の日常生活も想定した上で保険の選び方を考えた方が良いでしょう。

前立腺がんは、早い時期に発見されれば完治する可能性も期待できますが、治療方法によって治療にかかる費用や期間も異なり、手術代も30万円から50万円かかるため、一般的な医療保険の他にもがん保険に加入しておくのが望ましいと言えます。
治療のほとんどは保険適用内となっていることから、高度療養費制度が利用すれば自己負担額が減らすことができ、実際に支払うのは最大でも10万円になりますが、がん保険に加入していればこの金額がカバーされます。

治療後も同じ生活が送れるとは限りませんから、負担をより減らすことは大切と言えます。



がん保険は診断給付金や入院給付金、手術給付金、通院給付金がついているものが一般的ですが、先進医療が進んでいる現在では抗がん剤やホルモン剤、放射線などの治療でも給付金がもらえる特約付きの商品やがんのステージごとに給付金額が変わる商品なども存在しています。

診断給付金はがんと診断された場合に100万円から300万円ほどもらえる一時金で、入院給付金は入院1日あたり5,000円から15,000円ほどとなっていて、先進医療給付金では通算で2,000万円までがほとんどです。

近年では体への負担や副作用も少なく、入院する必要がない先進医療を用いることが多く、この治療は保険適用外なことから300万円ほどの治療費がかかってしまうため、先進医療特約のあるがん保険を選ぶのが最適と言えるでしょう。



男性特有の前立腺がんを含め、がんは以前に比べて早期発見や医療技術が進歩しているので完治の可能性も高くなりましたが、がんと診断されれば誰でも悩むものです。
がん保険に加入していれば、診断給付金が支給されることで安心して治療が受けられ、先進医療特約付きであればさらに最適な治療が始められます。治療後の生活のためにもがん保険を検討されてはいかがでしょうか。

とはいえ、かかるかどうか分からない病気に備えた保険を選ぶのはなかなか難しいものです。
本当に必要かどうか?も含め、当店の無料相談ではお客様に合わせたプランのご提案をさせていただきます。
まずはお気軽に、保険選び.com加賀店にお越しください!