保険選び.comバローミタス伊勢店

生命保険を解約せずに保険料を安くするには?

投稿日時 : 2019年03月14日 15時15分

皆さんこんにちは。
保険選び.comバローミタス伊勢店です。

今回は、生命保険の見直し方についてのお話です。



------



生命保険料を払うのが厳しい、そんなときは保険を解約したくなりますが、解約すると損をする場合があります。そこで、保険を解約しなくても保険料を安くする方法をご紹介しましょう。

まず、生命保険の保険金額を下げて保険料を減額する方法があります。この場合、いくつかのパターンがり、最初に紹介するのは保険金額の減額は、保険の一部を解約する「部分解約」というものです。

部分解約とは、たとえば死亡保険金2,000万円を1,000万円に減額、つまり減額した1,000万円分を解約する方法です。結果として負担する保険料が下がり、減額した分に対する解約返戻金があれば、それを受け取ることもできます。また減額する際は、各種特約の保障額も減額されるかもしれないので注意が必要です。



次いで、「払済保険への変更」。これは、解約返戻金をもとにして他の保険(場合によっては同じ種類の保険)に変更する方法です。解約返戻金を元にするので、すでに長期間払っている(十分な返戻金が期待できる)方しか難しい方法ですが、この後の掛け金の支払いが発生しないメリットがあります。

最後に「延長保険への変更」。解約返戻金を元にする点で「払済保険への変更」と同じですが、こちらは死亡保障のみの定期保険に切り替えるものです。解約返戻金の額によって保証期間が短くなる場合もあれば、長くなる場合もあります。



これら以外にも特約の一部を解約、あるいは全部解約や、一時的なものであれば契約者貸付を利用し、その機関の掛け金を賄うという方法もあります。

保険は長い間かけるものなので、その間に収入や家族の人数に変化があります。また、契約内容が複雑でよく理解できないこともありがちです。人によっては、あまり必要のない保険に入っている場合があるので、よく検討し直さないとなりません。保険料を安くするにはどうするのが一番よいのか、自分にはどの保障が必要なのかなどは、一度保険のプロに相談したほうがよいでしょう。