保険選び.com加賀店

生命保険を乗り換えるときのポイントについて解説!

投稿日時 : 2019年02月08日 17時39分

こんにちは、保険選び.com加賀店です!

今回は、生命保険の乗り換えに関する疑問にお答えします。



*   *   *



生命保険の乗り換えは、家計の見直しにも繋がる重要なイベントです。乗り換え時にまず把握しておくべき情報は、乗り換え先の生命保険の予定利率です。

予定利率とは、予定死亡率、予定事業費率と共に保険料を決める際の計算に使用される基礎率の1種です。予定利率が高いと保険料が安くなり、反対に予定利率が低い場合は保険料が高くなります。

また基本的なポイントとして、保険料についてもきちんとチェックし、新しくできた保険商品や生命保険会社に関する情報を仕入れることも重要です。
保険料には純保険料付加保険料という2つの種類がありますが、純保険料は保険会社による差がつきにくく、付加保険料は人件費などが反映されることもあるため、会社によって差が出やすいです。乗り換え時の年齢によって保険料が決まることも考慮しつつ、下調べを進めると良いでしょう。



次に注意すべきポイントは、保険料を支払う期間である払込期間です。乗り換え先の保険は以前の保険と払込期間が異なることもあるので、保障内容や保険料と照らし合わせて検討することをおすすめします。

また現在契約している生命保険で解約返戻金を受け取れるかどうか調べるのもポイントの1つです。返戻率が高ければ解約返戻金も高くなりますが、その分保険料も高めである場合が多いです。

さらに、三大疾病であるがん・脳卒中・心筋梗塞になった場合に保険金が支払われる要件についても乗り換え時に改めて確認しておきましょう。万が一の事態に備えて準備しておけば、診断されてから慌てる必要がなくなります。
同様に、自分が高齢者になった時に保険料がどれだけ高くなるのか、という点も調べておくと安心です。高齢になると受け取れる保険金が変化することもあるので、乗り換え後の生命保険ではどんな契約になるのか把握しておくと良いでしょう。



生命保険の乗り換えを検討する時は、乗り換え先の保険商品の内容や料金はもちろん、現在契約中の保険についても調べてみるのがおすすめです。徹底的に比較することで理想の保険と出会える可能性も高くなりますし、きちんと契約内容に目を通しておけば支払要件の見落としの防止にも繋がります。

情報のチェックを徹底的に行い、今よりも更にお得な生命保険への乗り換えを目指しましょう。