保険選び.com三洋堂鳥居松店

死亡保険の選び方のポイントは?

投稿日時 : 2019年01月15日 12時03分

こんにちは。保険選び.com三洋堂鳥居松店です。

平成最後の年末年始、みなさまはいかがお過ごしでしたか?
今回は、「死亡保険の選び方」についてのお話です。



------



死亡保険を加入しようと考えているけど、色々あり過ぎてどれを選んだらいいのかわからないという方が多いのではないでしょうか。

死亡保険の最適な選び方は、年齢や結婚の有無などライフステージによって大きく異なります。一人ひとり最適な死亡保険は違うので、自分が保険にどのようなことを求めているかを確認することが大切です。

確認する際には、どんな保障が欲しいのか、いくらの保障金があれば大丈夫なのかをよく考えることがポイントになります。保険料は毎月支払うので、いくらの保険料なら支払えるかを考えることも重要です。
せっかく良い保険に入ったとしても、毎月の保険料が家計の負担になってしまっては大変なので、加入前に毎月このくらいまでなら支払えるという金額を把握しておきましょう。



死亡保険を選ぶ時は、高額保障が必要か、それとも不要かを考えておくことも大切です。

高額保障が必要であれば、なるべく安い掛け捨てタイプを選ぶようにし、不要である場合は一生涯保障や老後の保障を兼ねた商品を選ぶことが大切です。

死亡保険は、自分が亡くなった後に受け取ることができる保険なので、残された家族が生活するのに不自由しない金額の保障のものを選ぶのがポイントになります。
まずは生活費や教育費にどれだけかかるかを計算することから始めます。そこから遺族年金などの公的保障や預貯金などを差し引いた金額を保障額にするのが有効です。

特に子どもが小さい時は、その後にかかる生活費や教育費は高額なものになりますので、高額保障が必要といえます。子どもがすでに大きくなっている場合は、葬儀代などの諸経費程度の保障を付けておくのがポイントになります。



このように、死亡保険加入の際は自分に合った保険金額を算出し、今後の貯蓄と兼ね合いながら計画を立てることが最も大切であるといえます。

まずはどれだけの保障が必要で、毎月どのくらいの金額であれば保険料を支払うことができるかを考えることです。それらをしっかりと決めてから、商品の選定を行うことが死亡保険選びのポイントになります。

しかし、初めて保険を選ぶという方は何から確認すればいいか迷ってしまうことも多いでしょう。そんな時は、当店の無料相談など保険相談ショップにてご相談いただくのが最もスムーズです。
お時間があれば、ぜひ当店にお越しください。