保険選び.com加賀店

改造車で事故をした…保険金は支払われますか?

投稿日時 : 2019年08月27日 15時35分

こんにちは、保険選び.com加賀店です!

今回は、改造車で事故を起こしてしまった際の保険金について詳しくご紹介します。



*   *   *



自動車保険は様々な自動車に適用されますが、改造車による事故に対しては適用されないことがあります。

改造車の中でも、車検に通らないような改造を施しているような車は違法改造車と呼びます。
このような改造車は安全性が担保されておらず、改造自体が事故の原因ともなりえるため、事故を起こした時に保険金が支払われないという状態になります。

具体的には、スモークフィルム・エンジンやミッションの改造などを施した車は違法改造車とされます。
保険契約を結ぶ際に違法改造車であることが分かった場合、保険会社は保険自体を結ばない可能性もあります。

また、保険契約後に改造を施した場合でも、その改造の内容によっては保険金が支払われません。不安な場合は、改造を施した時点で保険会社に確認してもらうと良いですね。



違法改造車の場合はほとんどの確率で保険金が支払われませんが、合法な改造車であれば保険金が支払われる可能性もあります
しかし、その判断基準は保険会社によって異なっており、安全性に支障をきたす改造であると見なされた場合は保険金が支払われない可能性が高まります。

そのため、保険契約の際にどの程度の改造までなら許容されるのかについてあらかじめ聞いておくことが重要となります。
契約段階では許容される改造をしていた場合でも、後から許容範囲外の改造を施してしまう場合があります。それによって、事故の際に保険金が支払われない可能性が上がってしまいます。
改造を施したい場合は、必ず保険会社に確認を取っておきましょう。

改造に対して比較的寛容な保険会社もありますが、運転性能に影響が出る改造に対しては合法違法を問わず、厳しい態度を見せる保険会社が多いです。



違法改造車はほぼ確実に保険金が支払われないだけでなく、車検も通過することが出来ません。合法な改造車であっても改造内容や保険会社によっては、保険金が支払われないケースがあります。

改造を行いたい場合は、その改造をしても保険会社から許容されるのかについて、細かく確認を取っておくことが大切です。
見た目だけでなく、運転性能に影響がある改造には特に注意しておきましょう。