保険選び.comヨシヅヤ平和店

引受基準緩和型・限定告知型の保険とは?

投稿日時 : 2019年06月10日 13時00分

こんにちは!
保険選び.comヨシヅヤ平和店です。

今回は、持病があっても加入しやすい保険
「引受基準緩和型・限定告知型の保険」について詳しくご紹介します。

*   *   *

"保険は公平性の原則にのっとって運用がなされていますので、基本的にはだれでも加入することができるのですが、実際にはそうではないケースもあります。例えば、自身に持病がある場合はなかなか保険に入れない…ということが多くあります。
しかし、引受基準緩和型や限定告知型の保険であれば持病があっても保険に加入することが可能となることがあるのをご存知ですか?

引受基準緩和型や限定告知型の保険では、一般の保険に比べると健康状態の告知の内容が簡略化されています。
また、健康状態について告知するべき項目が少なくなっている場合も多くあるのです。

そのため、なかなか一般の保険に加入することができない持病がある方・既往症を患ったことのある方などにとっては、保険加入へのハードルがかなり低くなっています。

この保険への加入をおすすめできるのは、持病があったり既往症があるために一般の保険に入ることが困難な方です。

引受基準緩和型や限定告知型の保険では、加入前に患った持病が悪化したとしても、告知内容に当てはまらずに保険に加入することができていれば保険による保障の対象になります。
持病を持っている方にとっては将来的な病状の悪化などを考慮すると、いざという時に備えるためにこういった保険に加入するのをおすすめしています。

ただし一方で、一般の保険と比べると保険料が高くなってしまうというデメリットには注意が必要です。
経済的なデメリットと将来的な補償を受けられるということを天秤にかけて、最終的に保険に加入したいか・するべきかを慎重に検討する必要があります。

持病を抱えている方であっても、引受基準緩和型や限定告知型の保険であれば比較的簡単に保険に加入できます。
人生設計を考えるうえで保険への加入は大事なものになります。将来への安心、いざという時の備えを万全にするためにも、持病があるからとあきらめる前に保険のことをしっかりと考えてみてはいかがでしょうか。