保険選び.com加賀店

子供が生まれた!将来のためになる保険って何があるの?

投稿日時 : 2019年01月25日 17時38分

こんにちは、保険選び.com加賀店です!

今回は、お子様の保険加入に関する疑問にお答えします。



*   *   *



子供が生まれたら、将来の教育費のために小さいうちから積み立てておくことが大切です。その一つに、学資保険があります。特に、貯蓄型の学資保険なら、お金を貯めて増やせるメリットがあります。満期で受け取る額が、支払った保険以上になるからです。一般的に、だいたい100~118%の返戻率となるので、銀行に預けて積み立てるよりもお得です。

それから、お金を積み立てるだけでなく、子供が万が一にあった時の入院、手術、通院の給付金として得ることができる、保障型学資保険もあります。
保障型学資保険は、満期学資金、祝い金は低くなるものの、親の死亡時の保障に関しては、死亡一時金や養育年金が支払われるなど、貯蓄型よりもかなり手厚くなっています。育英年金が受け取れる場合もあります。



子供の教育資金として積み立てる場合、低解約返戻金型終身保険を利用するという方法もあります。低解約返戻金型終身保険は、払込期間終了後の払戻金に注目すると、学資保険よりも返戻率が高くなります。終身型と定期型がありますが、終身型にすると保障が一生涯で、支払う保険料は上がりません。

そして、加入者の都合に合わせて使い道が設定できるメリットがあります。進学以外の、留学、就職、結婚といった状況でも使えます。自由度の高い保険なので、返戻金が高い時に解約し、お金を受け取ることができるメリットがあります。

そして、学資保険と違って、低解約返戻金型終身保険は子供の出生以前に教育資金目的で加入することも可能です。夫婦でいつか子供が生まれた時の教育資金にしよう、と子供が生まれる前から加入しておくこともできるのです。



学資保険と低解約返戻金型終身保険は、いずれも子供の教育資金としての貯蓄性は高いと言えます。

どちらを選ぶかは各家庭の環境や経済状況もありますが、迷ったときは、やはり保険のプロに相談されることをおすすめします。各保険によって保障内容は違ってきますので、どの内容が一番合っているのか、保険の加入時期、返戻率など詳しく説明させていただきます。