保険選び.comバローミタス伊勢店

子どもは生命保険より医療保険に加入させた方がいいんでしょうか?

投稿日時 : 2018年12月27日 17時56分

皆さんこんにちは。
保険選び.comバローミタス伊勢店です。

今年最後の投稿は、お子様の保険の選び方についてご紹介します。

------

保険は万が一のときに備えるものです。家計を支える親が病気や怪我で働けなくなるなどして収入が途絶えても、保険金がおりれば安心して生活ができるでしょう。

しかし、子供の場合は少し事情が違います。そこで注目するポイントをシンプルに整理すると、どのような選び方があるのかということについて2点考えられます。

注目のポイント1点目は、貯蓄重視するかどうかです。
保険商品には保険本来の目的である保障に加えて、貯金機能のあるタイプも扱われています。こちらを選ぶことで教育資金に備えることも可能になります。

2点目は、保障重視するかどうかです。貯蓄性に重きを置かず、保障を手厚く設定してある保険商品も多くあります。

払い込んだ保険料を貯金代わりとして考えるか、あくまで保障のためのものと考えるかで選ぶ保険商品が変わってくるでしょう。十分に比較することが大切です。

それでは、貯蓄重視の保険と保障重視の保険にはどのような違いがあるのか具体的に説明しましょう。

まず、貯蓄重視の保険は解約返戻金という戻ってくるお金が高く設定されています。これは払い込んだ保険料がどんどん貯まっていくイメージを持つと理解しやすいでしょう。生命保険などがこちらに当たります。

一方、保障重視の保険は貯蓄性はないか、もしくは少額であるかわりに保障が充実している保険です。解約返戻金はほとんどありませんが、入院や手術などをする場合の保険金が多く設定されています。医療保険が代表的なものです。

子供をどちらの保険に加入させるかということで悩むかもしれませんが、何を重視して備えておきたいかを考えると迷いにくいでしょう。どちらの保険も若ければ若いほど支払う保険料が安くなりますから、早めに検討した方が良い点は共通事項と言えます。

子供の保険選びは悩ましいですが、保険は若いうちに入っておけば保険料をかなり安く抑えることができます。
その特性を利用し、例えば20歳で払い込み満期になるような終身型の生命保険に、加入させておくというのが賢い保険の扱い方の一つです。

どちらに加入させるかというのは、子供の状況から貯蓄重視か保障重視かという視点で考えると良いでしょう。

しかし、自分で客観的に何を重視するか考えてみるのは難しいものです。
そんな場合は、当店の無料相談をご利用ください。お買い物のついでに立ち寄っていただくことも可能です。

年末年始は、1月1日はお休みをいただいております。予めご了承ください。