保険選び.com三洋堂鳥居松店

子どもの将来のために終身保険が役立つってどういうこと?

投稿日時 : 2018年11月20日 10時37分

初めまして。保険選び.com三洋堂鳥居松店です。
これから定期的に、お客様からよくご質問いただく
保険についてギモンを解説するブログを書いていきます。
皆様のご参考になれば幸いです。m(_ _)m

今回は、「子どもの将来のために終身保険が役立つってどういうこと?」をお話します。

------

終身保険には色々な種類がありますが、その中の一つとしてお子様がいらっしゃる世帯におすすめなのが「低解約返戻金型終身保険」です。

低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金が一般の商品よりも抑えられているものを指します。

そのため、保険料が割安になったり、返戻率が高いので貯蓄性が高いというメリットが魅力となっています。これらのメリットを利用すれば少ない金額で大きな保険金額を用意できるため、払込が終わってから帰ってくるお金を老後の資金や学資保険などに利用するという人も多いです。

デメリットとしては、中途解約をしてしまうと元本割れしてしまったり、見直しの柔軟性の低さなどが挙げられます。また、インフレに弱いという弱点もあるため、その点も含めて加入するかどうか考慮することが大切です。

そんな低解約返戻金型終身保険は、学資保険の代わりとして利用できると言われて今注目を集めています。

学資保険と低解約返戻金型終身保険には、返戻率の高さや生命保険料控除が受けられる点などの共通点があり、どちらも万が一の補償として加入している人が少なくありません。ただし、学資保険の場合は子ども自身が被保険者となるため、子どもの学費などに関連する項目でしか利用できないという制約があります。

そうなると、万が一お子様が進学しなかった場合や想定外の将来に進んだ場合に学資保険を利用できなくなる可能性があるのです。
対する低解約返戻金型終身保険は、学資保険と比較すると使い道を自由に設定できるので、進学以外の用途でもお子様のために使うことができます。そのため、お子様のための保険として学資保険の代わりに加入する人が増えてきているようです。

学資保険は、自身のお子様のための保険として加入する人が多いですが、お子様の将来の多様性に適応できない場合があります。そのため、お子様がどのような将来を歩んでも支援できるように、学資保険の代わりとして低解約返戻金型終身保険に加入するという人が増えてきています。

どちらも共通点がありますが異なる点もあるため、どちらに加入するのかしっかり検討することが大切です。

------

メリット・デメリットはそれぞれありますが、お子様のための保険もしっかりと見比べながらご検討いただくのがオススメです。

三洋堂鳥居松店では、お気軽に保険の無料相談を承っております。
キッズスペース・ベビーベッドも完備して、お子様連れのお客様も立ち寄りやすくなっております。
ぜひお気軽にお越しください。