保険選び.com加賀店

子どものために学資保険に入るならいつがベスト?

投稿日時 : 2018年12月21日 9時24分

こんにちは、保険選び.com加賀店です!

今回は、お子様の学資保険加入に関する疑問にお答えします。
お子様の将来のため必要な保険なので、検討の際の参考になれば幸いです!



*   *   *



子供の将来のために役立つ学資保険は、加入するタイミングを逃さないようにしたいものです。

多くの学資保険が18歳を満期としていますが、同じ300万円の受け取りで加入するのであれば、0歳から18歳までと5歳から18歳までを比較した場合、当然0歳から積み立てた方が月々の掛け金は少なくなります。
学資保険は加入時期が早ければ早い方が家計に与える負担は少なく、中には妊娠中から加入できるものもあります。

生まれていないのに保険なんてと思う人もいるかもしれませんが、妊娠中の方がゆっくり時間をかけて選ぶことが出来るため、メリットが大きいという声もあります。

子どもが生まれたら学資保険に加入しようと考えている場合は、早い内から検討しておくと安心です。7~9歳になると加入できなくなる学資保険もありますから、遅くてもそれまでには加入しておくようにしましょう。



学資保険の受け取りは、満期になったときに一括で受け取る方法と中学や高校といった成長に合わせて複数回受け取る方法があります。

入学時などは制服代や入学金などまとまったお金が必要となるため、こまめに受け取れて助かるという声も多く聞かれます。

ただ、返戻率を見てみると、小分けで受け取った場合と一括で受け取った場合には万単位での差が出ます。例えば、200万円のプランに加入した場合、3回に分割して受け取るのと満期に一括で受け取るのでは8万円も差が出る保険もあるのです。
こうしたことを考えると、なるべく一括で受け取った方が得られるメリットは大きくなるため、おすすめと言えます。

また、大学入学前の18歳を満期とするのではなく、22歳を満期にすることも可能です。大学卒業後に大学院に進んだり、留学したりするために保険金を使う人もいます。社会人になるための準備資金にすることも可能ですから、受け取り年齢についても考えてみるといいでしょう。



学資保険は早く加入した方が月々の掛け金が少なくなり、家計への負担を軽く出来ます。年齢によっては加入できなくなる学資保険もあるため、なるべく7~9歳までには入っておくようにしましょう。

返戻率は受け取る回数によって変わり、一括で受け取る方がメリットは大きくなります。満期年齢は18歳ではなく22歳にすることも出来るので、加入時によく検討しましょう。



当店にも、まだ子どもの将来のことなんて想像できない…といってお越しいただくお客様も多くいらっしゃいます。
不安な点やご不明な点は、一度当店の無料相談にてぜひご相談下さい!