エフケイ東京南支社

多くて迷う!生命保険の特約の種類

投稿日時 : 2018年11月24日 9時47分

生命保険に入ろうと思った時、特約の種類がたくさんあって選び方がわからないという方も多いのではないでしょうか。
複雑そうに見えるかもしれませんが、実は生命保険の構造はとてもシンプルです。

生命保険には、死亡や高度障害になった時に給付金が支払われる主契約があって、そこに上乗せする形で特約があります。
つまり特約とはあくまでオプションですから、必ず入らなければならないものではありません。主契約だけでも契約はできます。

しかし、主契約を契約しないと特約には入れません。特約は主契約で足りない部分をライフステージに合わせ、比較して付け足していくものです。

特約の種類には、期間を定めて死亡や高度障害になった時に給付金がもらえる定期保険特約、入院した時に給付金がもらえる疾病入院特約、女性特有の病気で入院した時に備える女性疾病入院特約、がん・脳卒中・急性心筋梗塞に限定した三大疾病特約などがあります。

選ぶ時にはいつ、誰のために残したいかがポイントです。



特約の選び方として、どんな状態になった時に支払われるのかということが重要です。

例えば三大疾病特約はがん・脳卒中・急性心筋梗塞だけに特化した特約です。日ごろの健康状態や遺伝的なものなどを考え、将来的に三大疾病に罹る可能性が高いようなら加入しておくと安心です。

また、定期保険特約は死亡・高度障害になった時の保障が手厚くなっていますが、誰のために契約するのかも大事なポイントです。
被保険者が亡くなった時に家族の生活費や子供の学費などに困るようなら入るのもいいかもしれませんが、独身で誰も扶養していないのであれば必要ないかもしれません。

このように、特約は一人一人のニーズが異なるものです。結婚した時、出産した時、老後を迎える前などライフステージの節目でどの特約が必要なのかを考えていきましょう。



一見難しそうに見える生命保険の特約ですが、メインとなるのは主契約です。
特約は必要な保証を付け足すためのものですから、主契約とのバランスを考えて本当に要るものだけを選びましょう。

もちろん、必要ないと思えば主契約だけでも十分です。せっかく生命保険に入るなら無駄な保険料を払うことがないよう、自分のライフスタイルに合ったものにしましょう。

エフケイ東京南支社は、事務所にご来店いただいて無料の保険相談を行うことが可能です。
もしお越しいただくのが難しいようであれば、訪問相談も無料で受け付けております。

保険について不安や不明な点がある方は、ぜひ一度お問い合わせください。