エフケイ伊勢支社

変額保険は相続税対策になるって聞いたんですが…

投稿日時 : 2018年12月26日 15時06分

みなさまこんにちは☆
保険選び.comベリー小俣店です!

今年も残り僅かとなりました!年末に向けての準備は進んでいますか?
今回は、変額保険と相続税についてのお話です。
年末は家族が集まる良い機会です。保険や相続などについて、ご家族で一度見つめ直してみてはいかがでしょうか?



***



変額保険とは、契約者から支払われた保険料を資金として保険会社が運用する保険のことを指します。
運用実績によって保険金や解約返戻金が変動するため、投資性があるのが特徴です。

投資信託と比較した場合、大きく異なるのが「目的」です。

投資信託は投資に目的に資金を増やすことを目指していますが、万が一の時の保障はありません。

対して変額保険は保険が目的であり、死亡時などに保障を受けられ、運用実績が良い場合には保険金の額が加算されます。
しかし、投資リスクが存在し、死亡保険金は最低保証があるものの、解約返戻金は支払った保険金より少なくなる場合があるので注意が必要です。



保険の役割を持つ変額保険は、生命保険の非課税枠を利用できるため相続税対策として役立たせることもできます。

死亡保険金は、みなし相続財産として相続税の課税対象になりますが、非課税枠が設けられています。法定相続人1人当たり500万円の金額が生命保険の非課税枠となり、枠内の範囲であれば相続税がかかりません。
そのため、生命保険を利用することで相続税対策になるのです。

相続税を納めるための資金も、死亡保険金を利用することで確保可能です。
さらに、変額保険であれば運用実績次第で保険金の額が変動するため、基本の保険金額よりも上回る可能性があります。もし運用実績が悪かったとしても、死亡保険金の最低保証がある点も安心です。

途中で解約して解約返戻金を受け取ることを前提としないのであれば、多い保険金を受け取れる可能性がある変額保険は、より相続税対策に適していると言えるでしょう。



変額保険は投資信託と異なり保障が目的で、生命保険の非課税枠を利用することが可能ですから相続税対策に有効です。相続税を支払う資金を確保するためにも役立ちます。
死亡保険金の最低額が保障されていますがリスクは確かに存在するため、投資信託や定額の生命保険との違いを理解した上で保険を検討していくことが大切です。



もし、変額保険について詳しく知りたい方・ご相談のある方がいらっしゃいましたら
当店でも無料相談を承っております。
ぜひお気軽にお越しください☆

なお、年末年始は通常と営業時間が異なり、お休みをいただいている場合がございます。
ご相談の際は、一度当サイト「保険選び.com」にて来店予約をお願いいたします。