保険選び.comヨシヅヤ平和店

変額保険と投資信託、どっちがおすすめ?

投稿日時 : 2019年04月01日 12時00分

こんにちは!
保険選び.comヨシヅヤ平和店です。

今回は、資産運用を考える際に気になる
「お得なのは変額保険・投資信託どちらなのか?」についてご紹介してみようと思います。

*   *   *

個人で資産運用を行なう場合にまず最初に頭を悩ませるのが、変額保険と投資信託のどちらを選ぶかについてです。

変額保険とは、外国の為替や投資信託の運用の仕方によって、解約や満期の時に受け取れる金額が変動する保険の一つになります。
大きな特徴として挙げられるのが生命保険であるという点で、例え月々の保険料の支払が少額でも、資産運用次第で多額の保険金を受け取ることができます。

一方投資信託は、文字通り自身のお金を専門家に託す形で運用を全て任せる金融商品です。
投資信託の大きな特徴は利用の手軽さで、自身で資産運用を行う必要がないことで専門の知識や経験のない初心者でも気軽に始めることができます。

自身に万が一のことがあった時に家族に資産を残したい人は変額保険を、別途生命保険に加入していたり、資産を残したい家族がいない人は投資信託が最適です。

前述の説明からもわかるように、変額保険と投資信託は双方共にメリットがありますが、気をつけなくてはいけない点もいくつかあります。
中でも特に重要となるのが投資におけるリスクとコストの2つです。

変額保険は文字通り保険商品の一つである以上、投資に使う資金とは別に毎月支払う保険料が必要になります。そのため、資産運用だけを目的とした投資信託に比べてコストが掛かってしまうのは否めません。

しかし、変額保険は万が一の時に保険金が受け取れる保障がされていることから、リスクが少ないのが特徴です。

ここまでの説明からわかるように、変額保険と投資信託は資産運用におけるコストの負担、万が一に備えたリスクの軽減のどちらを重視するかで選び方が決まると言えます。

資産運用は、文字通り資産を増やすことが目的となりますが、必ずしも成功が約束されているわけではありません。運用によって資産が軽減してしまうケースも少なくありません。

こうしたリスクも念頭に置いて、変額保険と投資信託の双方の特徴についてしっかりと理解をした上で、自分にとって最適な商品を選ぶことが大切です。

初めての資産運用を検討の際は、まずは様々な運用方法のメリット・デメリットを調べてみましょう。良く分からないことは、当店でも無料相談が可能ですのでお気軽にお越しくださいね。