保険選び.comバローミタス伊勢店

出産前に保険に入った方がいい!

投稿日時 : 2018年11月22日 15時28分

皆さん初めまして。
保険選び.comバローミタス伊勢店のブログが開始しました。
どうぞよろしくお願いいたします。

保険についてお客様からよくご質問いただく内容について
ここで詳しく解説していきたいと思います。

今回は、ご結婚を機に保険を検討される女性などからのご質問が多い
出産と保険」についてお話していきます。


------



保険に加入するタイミングについて考える際は、出産にかかるお金がいくらなのかを知っておくことが重要です。

前提として、妊娠12週以上であれば異常の有無に関わらず、42万円の出産育児一時金が健康保険から支給されます。そして、正常分娩の場合はこの出産育児一時金と自費で出産費用を賄います。
正常分娩の平均費用が40~50万円と言われていますから、一時金でほぼ間に合うでしょう。

何らかの理由で帝王切開になった場合、帝王切開の手術に関しては健康保険が適用されます。手術費用は日本全国どこでも22.2万円(32週未満の早産は24.2万円)となり、その3割が自己負担分です。

それ以外に個室の差額ベッド代や食事代、分娩の介助や赤ちゃんの検査費用などがかかります。
帝王切開での出産はトータルで40~100万円になると言われていますが、出産育児一時金や高額療養費制度を使ってもある程度のお金は自己負担となってしまいます。



出産は必ずしも正常分娩とは限らず、帝王切開になる可能性もあります。妊婦の5人に1人は帝王切開で出産しているというデータもあるほどです。
入院費以外にも、ご家族の食事代なども必要です。入院中は家事の外注をするご家庭もあるかもしれません。

このように出産には意外とお金がかかります。一時金や高額療養費制度でも足りなかった自己負担分やご家族にかかったお金などを補うのに医療保険が役立つのです。

そして、加入のタイミングは妊娠前がベストです。何故なら今まで病気やケガで入院や通院をしていなければ、制約無しで医療保険に加入できることが多いからです。

妊娠・出産時に異常があり、出産後に保険の申し込みをした場合、特定部位の不担保という条件が付き、子宮に関連する保険金が支給されなかったり、そもそも保険に申し込みできない可能性があります。
また、妊娠27週以降も医療保険に加入できない商品が多いです。



妊娠・出産をして新しい家族を迎えられることは大変喜ばしいことです。しかし、妊娠・出産にお金はつきものですから、ぜひ妊娠前に保険に加入されることをご検討ください。

赤ちゃんが産まれてからも子育てには色々とお金がかかりますので、保険金の支給によって浮いたお金をお子様のために役立てられるのもメリットになります。

もしご不安に思うことや気になる点などがございましたら、当店で無料保険相談を行うことが可能です。お気軽にお立ち寄りください。