保険選び.comバローミタス伊勢店

もしもの時に損をしないために。「告知義務」って何?

投稿日時 : 2018年12月13日 17時44分

皆さんこんにちは。
保険選び.comバローミタス伊勢店です。

今回は、「告知義務」について正しく知っていただくために詳しく解説したいと思います。
一歩間違えると保険金が受け取れなくなってしまう危険もある、大切なポイントです。

持病をお持ちの場合、保険選びの際は気を付けることや分からないことが多く大変だと感じることが多いですが
そんな場合はお気軽に当店までご相談ください。



------



生命保険に加入する時は、加入時の健康状態などを保険会社に報告する告知義務が発生します。保険会社が行う審査には多くの項目があり、申込みを行う本人が記入する項目は告知書扱となっています。

加えて、医療機関で発行される健康診断書や人間ドックによる診断結果のコピーとして、健康診断書扱人間ドック扱があります。

この他に、被保険者の健康状態や告知記載事項の確認などを行う面接士による面接士扱と審査医の診断による医師扱も場合によっては用意します。

告知義務とは、健康状態に関する書類を提出することで自分の健康状態を保険会社へ正確に伝えなければならないということです。審査時に事実と異なる健康状態が発覚した場合、告知義務違反と判断されてしまい、保険金などが受け取れなくなります。



告知義務で伝えるべき健康状態として、最近3カ月以内に医師の診察や検査、投薬を受けたか、過去5年以内に手術や7日間以上の入院及び投薬を受けたかといったものがあります。
過去2年以内の健康診断等で異常を指摘されたケースや視力や聴力等の身体的変化、妊娠の有無なども含まれます。

健康状態に不安がある場合は事前に加入前の事前査定を受けることで、引き受けの目安を知ることができますので活用しましょう。

これらの事実を隠して保険金を受けようとすると告知義務違反とされ、加入2年以内の場合では保険会社との契約解除の可能性も出てきます。保険会社は保険金請求時に病院や健康保険組合に問い合わせを行い、その際に提出された診断書の初診日がずれていると支払いをストップすることが可能です。

そのため、加入後も健康状態の変化があった場合はその都度保険会社に告知を行い、適切に対応してもらうことが最善の方法と言えます。



告知義務は、保険会社に現在の病気等を正確に伝えると同時に、適切に保険金を受け取るための手続きともなります。この時かかっている病気を伝えない、あるいは間違って伝えると告知義務違反と判断され、保険金などが受け取れなくなります。
最悪保険会社との契約解除の可能性があるため、加入前の事前査定を受けるなどして、正確な健康状態を伝えることが最善です。