エフケイ東京南支社

うつ病の方が入りやすい保険とは?

投稿日時 : 2019年06月08日 18時26分

本来うつ病を患っている場合保険への加入は難しく、容易には加入することはできません。
ですが一言に保険といってもその種類は様々で、中にはうつ病の人でも入りやすい保険もあります。

一つは、引受基準緩和型と呼ばれる保険です。

この引受基準緩和型は、通常の保険と違い審査が緩く、持病や病歴がある人でも加入することができます
そのため通常の保険では加入が難しいうつ病でも、引受基準緩和型であれば加入することができる可能性があります。

ただし、引受基準緩和型は審査が緩いといっても審査がないわけではないので、申請すれば必ず加入できるわけではありません。
その点は注意する必要があります。

もう一つ、うつ病を患っている場合でも加入できる可能性が高い保険としてあげられるのががん保険です。
このがん保険はがんを患ったことがないことが条件ですが、この条件を満たしているのであればたとえうつ病であっても加入することができる可能性があります。

また無告知型保険であれば、たとえ持病があったり病歴がある場合でも加入することができます
そのためうつ病があったとしても加入することができます。

無告知型保険のデメリットは、保険料が割高なことです。
誰でも加入することができる分、保険会社は保険金を支払う頻度が多くなるため、あらかじめ料金は高めに設定されているのです。

さらに、無告知型保険は健康告知がなく加入できる反面、保険金や給付金の上限が低く設定されています。その額は100万円ほどです。
場合によっては入院や手術の費用が保証外になる場合があります。
これは保険会社によっても異なりますが、多くの無告知型保険がこれらの制度を採用しています。

うつ病でも加入できるのが無告知型保険の魅力ですが、上記のデメリットがあることも十分理解しましょう。

通常うつ病の場合保険への加入は大変難しいですが、保険によっては加入することも十分可能です。
ただし保険によって審査の基準は違っており、たとえうつ病患者が加入できた事例があったからといって、必ず加入できるわけではありません。

無告知型保険のように申請すればだれでも加入できる保険もありますが、そのような保険には多くのデメリットがあります。様々なメリットやデメリットを考慮し、自分に合った保険を探すことが重要です。