エフケイ伊勢支社

「先進医療特約いらない派」の意見って?

投稿日時 : 2019年02月20日 13時10分

みなさまこんにちは☆
エフケイ伊勢支社です!

今回は先進医療特約についてお話します。
先進医療特約が自分にとって必要かどうか?を考えるためのヒントになれば幸いです。



***



先進医療特約がいらないと考える理由は、指定された医療技術を用いての治療を受けることが難しい点です。

各保険会社が販売する先進医療特約は、厚生労働省が定めた健康保険のレベルを超える医療技術を用いた治療を保障する特約ですが、この治療を受けられる医療機関はあらかじめ決まっています。技術ごとに治療できる医療機関が異なりその数も多くないため、居住している地域から離れている医療機関であれば受診は困難となります。

また、仮に指定された医療機関で受診することができた場合でも、治療を行う医者が先進医療の技術を用いる必要がないと判断すれば治療を受けることはできません。治療を受けるためには「指定された技術を用いて指定された医療機関で治療する」という二つのハードルがあるのです。



さらに、先進医療特約の支払い条件は「医療技術を受けた時点で先進医療に該当すること」となっているため、契約時には保障の対象であったにもかかわらず、実際に医療技術を受ける際には保障の対象からはずれているという場合もあります。

実際、インプラント治療については先進医療に含まれていましたが平成24年4月からは除外されました。先進医療特約については「通院している歯医者でインプラントの治療を受けたので支払いをしてほしい」という申し出がありますが、現在ではインプラントの技術自体も先進医療の技術から外れている上に、俗にいう「町医者」のような病院は先進医療の保障において指定された病院になっていないケースがほとんどです。

今後も先進医療の技術や指定の医療機関は除外と追加を繰り返すことになり、保険期間が長ければ長いほど加入時と支払い請求時の乖離が発生することになります。



ただ、実際に請求できるケースは少ないですが、先進医療特約の保険料は各保険会社とも百円前後です。先進医療特約は契約している保険に追加することはできませんが、付加している特約を解約できる場合があります。

契約後に加入しておけばよかった・・・と思う前に医療保険に加入する際には、たった百円前後で大きな保障を得られると考え「お守り」として加入してもよいのではないでしょうか。