おまとめローンの審査が甘い消費者金融5選

おまとめローンの審査は通常のカードローンと相違ありません。おまとめローンだから審査が甘いということは決してありません。

かなり大きな金額を貸付することになるためむしろ審査は厳しく、他社借入をきちんと返済していても絶対通るおまとめローンはありません

ですから、必ず借りれるおまとめローンなどあるはずがありません。

おまとめローンの審査で最も重要視されるのはあなたに返済する意思と能力があるかどうかです。この条件を満たしている方にとっては、審査が甘いと感じるかもしれません。

おまとめローンは返済専用ローンとも言われ、借入をしている貸金業者に対して返済を行います。しかし、あなたの手元にお金は届きません。

ですから、確実におまとめするには銀行や消費者金融に関わらず返済の意思をしっかりと示すことが重要です。

目次

絶対通るおまとめローンは存在しない

おまとめローン審査をなしにできる?

結論から言えば、例え消費者金融であっても絶対通るおまとめローンはありません。その理由は、おまとめローンを含むカードローンを審査なしで借入をすることはできないからです。

ただし、通常消費者金融には総量規制が適用されますが、おまとめローンであれば総量規制を超えての借入が可能となります。

おまとめローンを成功させるためには、以下の5つの条件が求められます。

  • 審査に通過すること
  • おまとめに向いているスペックであること
  • 金利負担が下がること
  • 総返済額が下がること
  • 月々の負担が軽くなること

つまり消費者金融であっても上記の条件を満たすことが出来れば、おまとめローンによる一本化が成立するということです。

大手消費者金融のおまとめローン専用商品は上記の条件にあてはまるだけでなく、審査に積極的な為、必ず借りれるとは言わないまでも通りやすいおまとめローンと言えます。

おまとめローン審査に積極的な借入先一覧

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは、消費者金融ではなく銀行を利用したいという方にぴったりで、横浜銀行の普通預金口座をお持ちの方に向いています。(※)。

※現在口座をお持ちでない方は申込みにあたって口座開設が必須です

最大1,000万円まで他社借入をおまとめすることができ、実質年利も 1.5%~14.6%なので現在よりも利息の返済額を減らせる可能性が高いです。

リボ払いやほかのローンなどをおまとめすることが可能

横浜銀行カードローン6つの特長

ただし横浜銀行カードローンを利用できる方には制限があり、お住まいか勤務先が神奈川県内全地域、東京都内全域、群⾺県前橋市、高崎市、桐生市のいずれかの方が融資の対象です。

申込画面から情報入力を進めていくと、希望商品をカードローンとフリーローンから選ぶ項目がありますが、カードローンを選択してください。利用目的を借入金返済資金にチェックして申し込めば審査をしてくれます。

横浜銀行のおまとめローンは申し込むにあたって必ず審査がありますが、審査結果は最短即日で返ってきます。

消費者金融系のおまとめローンならアイフル中央リテールなどが即日融資に対応していますが、銀行カードローンで最短即日おまとめ可能なのは非常に珍しいです。

横浜銀行でおまとめできるか不安な方は、事前に公式サイトのお借入3秒診断を試しておきましょう。

横浜銀行カードローンのお借入3秒診断はこちら

横浜銀行でおまとめすると・・・

返済期間が5年(60回)の毎月返済額は以下の通りです。

  • (お借入限度額)100万円:23,580円 ※年利14.6%適用
  • (お借入限度額)200万円:44,287円 ※年利11.8%適用
  • (お借入限度額)300万円:61,984円 ※年利8.8%適用
スクロールできます
金利(実質年利)年1.5~14.6%(変動金利)
限度額10万円~1,000万円まで(10万円単位)
最短即日融資可能
審査時間最短即日

横浜銀行カードローンのお借入3秒診断はこちら

中央リテール

出典:中央リテール

中央リテールは一本化に積極的なおまとめローン専門の消費者金融なので、絶対に完済したいという人にぴったりの業者です。

決して審査が甘いわけではありませんが、おまとめローンに特化しているだけあって豊富なノウハウを持っているので、独自の基準によって完済可能と判断されたら一本化出来ます。

また、国家資格を持つ融資担当者がアドバイザーとしてついてくれる

中央リテールの特徴は上限金利が13.0%と低いことです。銀行カードローンと比べてもさらに低い金利になっているので、利息の負担を減らして完済を目指すことが出来ます。

おまとめローンはWEB上から申し込み出来ますが、仮審査通過後の本審査では渋谷にある中央リテールの事務所に来店する必要があるので注意してください。

中央リテールのおまとめローン申込みはこちら

中央リテールでおまとめすると・・・

返済期間は借入日から最長10年です。

返済期間が5年の場合の毎月返済額は以下の通りです。

  • 100万円・・・22,753円
  • 200万円・・・45,506円
  • 300万円・・・68,259円

(実質年率13.0%で計算)

スクロールできます
金利(実質年利)10.95%~13.0 %
限度額1万~500万円まで
即日融資可能
審査時間最短2時間

中央リテールのおまとめローン申込みはこちら

消費者金融の主力はアイフルのおまとめローンとプロミスのおまとめローンですが、その他の選択肢はないのでしょうか?

SMBCモビットにはそもそもおまとめローン専用商品がありませんが、たとえ商品が存在したとしても金利はアコム・プロミスと同様に10%を切ることはほぼありえないでしょう。

またノーローンやアローもおまとめ向きの条件とは言えません。

おまとめローンの審査は甘い訳ではありません。慎重に申込先を選ばないと、信用情報に余計な傷がついてしまいますので注意してください。

スクロールできます
消費者金融金利(実質年利)限度額
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円
ノーローン12.0%~18.0%400万円
アロー15.00%~19.94%200万円

アイフルおまとめローン

出典:アイフル

おまとめMAXはその名の通り、おまとめローンにしか使用することができません。

しかし、どこの銀行グループにも属さず、独自の審査基準を用いていることがアイフル最大の強みです。また一本化専用のローンですので、他社より期待が持てるでしょう。

また、消費者金融の中で最低金利が一番低いのがアイフルです。限度額も800万円ありますので、高額のおまとめであればアイフルが向いています。

アイフルでのおまとめは通常の申込みを済ませた後、意思確認の電話でおまとめ希望と伝えるようにしてください。フリーローンの手続きからおまとめローンの手続きにシフトしてくれます。

アイフルのおまとめローン1秒診断はこちら

アイフルでおまとめすると・・・

返済期間は3年、5年、7年、10年です。

返済期間が7年の場合の毎月返済額は以下の通りです。

  • 100万円・・・20,000円
  • 200万円・・・39,000円
  • 300万円・・・58,000円

(実質年率15.0%で計算)

スクロールできます
金利(実質年利)3.0%~18.0% ※1
限度額1万円~800万円まで
即日融資可能
審査時間最短20分 ※2

※1 貸付条件の詳細はリンク先の公式HPをご確認ください。
※2 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

アイフルのおまとめローン1秒診断はこちら

プロミスおまとめローン

出典:プロミス

プロミスもおまとめローンを受け付けてくれます。貸金業法に基づくおまとめを300万円までなら可能としています。

ある程度高額になると金利が下がり、月々の負担も楽になります。また、融資スピードが最短20分(※)ととても速いのが特徴です。

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

WEBからの契約であれば、原則24時間振込が可能で、夜間や土日にも対応していますので、とにかく急いでいる方はプロミス一択です。

プロミスでのおまとめは通常の申込みを済ませた後、意思確認の電話でおまとめ希望と伝えるようにしてください。フリーローンの手続きからおまとめローンの手続きにシフトしてくれます。

※リンク先はフリーキャッシング/レディースキャッシングの申込ページです。
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。

プロミスでおまとめすると・・・

返済期間は5年から最長で10年です

返済期間が5年の場合の毎月返済額は以下の通りです。

  • 100万円・・・23,790円
  • 200万円・・・47,579円
  • 300万円・・・71,369円

(実質年率15.0%で計算)

スクロールできます
金利(実質年利)6.3%~17.8%
限度額300万円まで
即日融資可能
審査時間最短20分 ※

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※リンク先はフリーキャッシング/レディースキャッシングの申込ページです。
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。

三井住友カード カードローン(振込専用)

出典:三井住友カード

三井住友カードカードローンは、信販・クレジット系のカードローンです。

三井住友カードには、おまとめローンという商品はありません。しかしカードローンの資金使途が自由なので、おまとめ等幅広い使い方が可能です。

ただし、三井住友カードはおまとめ専用ローンではないので総量規制の対象になります。年収3分の1以上をまとめることは出来ないので注意してください。

申込は公式サイトの「振込専用タイプのお申込み」から進んでください。振込専用タイプの申込受付時間は9:00~19:30なので、時間内に申込をしましょう。

申込情報と登録口座情報を送信すると審査をしてくれますので、事前に免許証などの本人確認書と通帳やキャッシュカードなどの口座情報が分かるものを用意しておくと速やかに申し込み出来ます。

三井住友カード カードローン(振込専用)は金利が1.5%~14.4%、100万円の適用金利は11.8%になるので、一本化で利息の負担を大きく減らすことができるでしょう。

三井住友カード カードローン(振込専用)でおまとめすると・・・

返済は最長15年1ヵ月、最大181回です。(ご利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月ご返済額5万円、900万円をご利用の場合)

返済期間が5年の場合、毎月の返済額は以下の通りです。

  • 100万円・・・約39,000円
  • 200万円・・・約49,000円
  • 300万円・・・約68,000円

(実質年利率11.8%で計算)

スクロールできます
金利(実質年利)1.5%~14.4%
限度額10万円~900万円まで
即日融資可能(※)
審査時間最短5分で審査完了(※)

※ お申込みの時間帯や審査の状況によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※ 最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※ 最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

必ず借りれるおまとめローンはないが向いている借入先はある

一番金利が低いのがアイフルで、返済期間が長いのがアコム。まとめると、必ず借りれるおまとめローンはありませんが、審査に積極的だったり一本化に向いている借入先はあります。

結論からすれば、消費者金融でおまとめするのであればアイフルがベストということです。しかし、アイフルがおまとめローンに向いていると言えるのには別の理由があります。

アイフルは、おまとめローンに積極的であるということです。つまり、アイフルのおまとめローンは通りやすいとも言えます。

おまとめローンは貸す側もリスクを伴う貸付ですので、アイフルのように積極的に取り組んでいる貸金業者でない限り審査通過は厳しいのが現状です。

また限度額も800万円までありますので、高額でもまとめやすいのも利点です。

金利を比較するとプロミスやアコムに負けているようにも見えますが、おまとめローンの場合はそもそも最低金利は重視しなくてもOKです。

これには以下の様な理由があります。まず、おまとめをする時点で高額の借入をするのは決まっているようなものです。しかし、だからといって業者側が最低金利で貸付をする必要性は全くないからです。

つまり、例えアコムやプロミスの方がアイフルより低金利だとしても、その最低金利で一本化できる可能性は限りなくゼロです。

それどころか、10%を切るような低金利でおまとめができる可能性の方が低いのが現実と言えます。

つまり、消費者金融でまとめるのであればアイフル一択となります。

おまとめローンの審査で重要視されるのは何?

債務の総額があなたの年収の1/3ほどであれば、審査通過の可能性が大きくなるといえます。複数社からの借入を抱えているのが前提条件ですが、借入している会社が多ければ多いほど審査に通過するのは難しくなります。

借入件数が多いのは当たり前だろと思うかもしれませんが、複数からお金を借入しているということは立派な多重債務者です。

件数の多い少ないは置いておいて、今のあなたの置かれている状況は最悪ブラックリストに載っていてもおかしくない状況だということを理解してください。

ただ、複数社借りていることを前提に貸付を行うローンですので、ある程度の借入件数であるなら特に問題はありません。問題となるのは4社以上の借入がある場合です。

おまとめローンは救済措置と思っている方も少なくないと思います。しかし、実際には債務者の返済を軽くしつつ業者が利益を上げるための商品です。

とすると、4社以上の借入があり返済に不安が残る人に高額のお金を貸付するでしょうか?

おまとめローンは貸金業者が利益を上げるために用意している商品です。貸し倒れの可能性がある人にお金を貸すことはありません。

審査に通りやすくするには借入件数を3社以内に留めるようにしましょう。絶対借りれるとは言えませんが、借りられる可能性は確実に高くなります。

返済に問題のある方が通過する確率はほぼありません。ましてや審査が甘いところを探している方はかなり苦しい状況でしょう。

おまとめローンは業者の得る利益が大きなものですが、それと同時に返済されなかったときに大きな損害が生じるリスクを抱えることになるからです。

そのため、返済履行に問題のある方は審査に通る可能性が極めて低いと言えます。

ただ返済履行には返済遅延や債務整理など様々なケースが存在します。

返済履行の問題が数日の返済遅延くらいであれば、審査に通る可能性があるといえるでしょう。しかし、債務整理や踏み倒しなどの返済履行がある場合にはほぼ確実に不可能です。

そうなると、借金減額シミュレーターの実施や債務整理も選択肢として入ってくるのではないでしょうか?

おまとめローンがうまく行かなかった場合は、やはり法律の専門家に相談するより他ありません。

おまとめローンの対象となる借入は主に以下の4つです。

  • 銀行カードローン
  • 銀行以外
  • カード会社などの信販会社からのキャッシング
  • 銀行のフリーローン

銀行のフリーローンの中には農協・信用金庫・信用組合・労働金庫などが含まれます。

クレジットカードのショッピング枠利用を借金として計算する方もいますが、ショッピング枠はおまとめローンの対象として見られる借入には入りません。

ショッピング枠自体が貸金業者からのキャッシングとしてみなされていないため、ショッピング枠は法律上お金を借りるという概念に入らないからです。

そのため、例えば3枚のクレジットカードのショッピング枠で50万円利用しており、そのお金をおまとめしたいと考えても審査を通すことできないのです。

また、闇金と呼ばれる非正規の業者からお金を借りている場合にはおまとめローンをすることができません。

また絶対通るおまとめローンなどと謳っている場合は必ず違法業者ですので注意が必要です。

おまとめローンは総量規制の対象にならないの?

おまとめローンは銀行以外でも行うことができます。しかし、ここで気になるのは総量規制の対象にならないのか?ということですよね。結論から言うと、おまとめローンは総量規制の対象になりません。

ですので、例えば年収300万円の人が銀行カードローン3社から借りている150万円を一本化する場合でも、総量規制の問題は気にしないでも良いのです。

なぜ総量規制の対象にならないのか。それは、総量規制の例外である一方的に有利な借り換えにあたる借入となるからです。

総量規制のせいでお金が借りれないという話を耳にすることがありますが、総量規制は借入枠の規制をすることでお金を借りさせないようにする規制ではありません。

債務者の借入状況を健全に保つために作られたものです。そのため、多重債務などで高額な金利を支払っていることで月々の返済をはじめ、生活苦を強いられる可能性がある場合には例外措置として総量規制の対象としない措置をとっています。

おまとめローンは返済を楽にして生活苦の軽減を図るために行うものです。ですので、債務者の返済が一方的に楽になる場合には総量規制の対象になることはありません。

おまとめローンにはデメリットがあることも知っておこう

あなたもすでに知っていることだと思いますが、おまとめローンとは、複数から借りている借金を1つの借入先にまとめるローンのことを言います。

借入先を1つにすることによって金利負担を下げ、返済日を1日にすることができるので、あなたが頭を抱えている借金の返済が楽になる仕組みというわけです。

例えば3社から50万・30万・70万の合計150万円の借入があり、どれも金利18.0%で借りていたとすると月々の金利負担は約22000円。

それを1社にまとめて15.0%の金利で返済をすることになると金利は約18000円となります。

たった3.0%金利が下がるだけで月々4000円も金利負担を減らすことができるのです。また、3回あった月々の返済を1回で済ます事ができる上に、最低返済額の上限も下げることが出来る場合が多いのです。

金利が下がり元金返済を早く済ませることができるので、多重債務者の救済措置と呼ばれるのもうなずけます。しかし、メリットだけでなくデメリットも存在します。

借金返済は楽になるケースが多いのも事実。しかし、返済負担が軽くなることで陥る落とし穴も存在します。

おまとめローンの審査は通常の借入よりも慎重に行われます。多重債務で借金がふくらんでいる人に高額のお金を貸すことになるのですから、慎重になるのも当然ですよね。

そのため、審査に通過すること自体も難しく、仮に通過したとしも気を抜いてしまう方が多く存在します。

審査という大きなハードルを乗り越えたことによって、借金がなくなったと錯覚してしまう方が後を絶たないのです。

審査に通過しても借りた現金があなたの手元に来ることはありません。債権者が直接返済を行います。

実際に借りたお金を目にすることがないからこそ、借金がなくなったと錯覚してしまうのです。

そんな錯覚を起こすせいで、さらに他社から借入を行って返済できなくなるケースも存在します。

また、金利負担が下がる上に最低返済額も下がることが多いため、月々の返済額を減らす方もいます。

毎月の返済を軽くしてしまったが故に最終的な総返済額がものすごくふくらんでしまうこともあります。

おまとめローンは適切に利用すれば救済措置になり得ますが、使い方を間違うと現在よりも返済を困難にする恐ろしいものです。

借金をまとめると一言でいっても、お金を借りる方法はさまざまです。

  • クレジット会社からのキャッシング
  • クレジットカード会社のショッピング枠
  • マイカーローン
  • 住宅ローン
  • 銀行カードローン

しかし、その中でも返済を楽にできるものは限られています。

目次