メルカリでお金を借りる!メルペイスマートマネーの申込方法や審査について解説

2021年8月3日、メルカリが少額融資サービスであるメルペイスマートマネーを開始しました。

融資上限額は20万円で、借入の申し込みから利用、返済までの全てがメルカリアプリで完結します。

誰かに借金がバレる心配もなく、最短で即日融資も叶うため非常に便利です。

さらに上限金利は15.0%と他社よりも低く、比較的低金利で融資を受けられます。

しかし、メルペイスマートマネーが開始されてから間もないこともあり、詳細はあまり知られていません。

そこで今回は、メルペイスマートマネーの申し込み方法や審査内容、利用対象者の詳細や融資スピードなどについて詳しく紹介します。

最新情報

メルペイスマートマネーは新規申込を停止していましたが、キャンペーンの実施に伴い、新規顧客の獲得に乗り出しています。

キャンペーンの実施期間中である2022年11月14日10:00〜11月30日20:00までに借り入れした人は、3ヶ月分の利息がポイントとして還元されます。

管理人もこのキャンペーン期間中に新規申込の案内が届きました。

メルペイスマートマネーですがアプリ画面に表示されず、利用できない場合があります。

すぐに借り入れしたい人は以下、業者を利用しましょう。

スクロールできます
アイフルプロミスSMBCモビットアコムレイクALSA
最短融資時間25分30分30分30分25分
利用限度額1〜800万円まで500万円まで800万円まで800万円まで1〜500万円まで
金利年3.0~18.0%年4.5~17.8%年3.0~18.0%年3.0~18.0%年4.5~18.0%
在籍確認の電話連絡なしなしWEB完結申込なら電話連絡なしありあり
無利息サービス30日間30日間 *1なし30日間30日間
60日間*2
180日間*3
公式サイト詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

※1 メアド登録とWeb明細利用すること/初めての借入日翌日から無利息期間が適用されます
※2 WEB申込限定/契約額200万円まで
※3 借入額5万円まで

この記事でわかること
  • メルペイスマートマネーの上限金利は年15.0%、20万円まで融資を受けられる
  • 返済は売上金やポイントでも可能、返済が厳しいときはいつでも見直せる
  • メルペイスマートマネーは在籍確認や郵送物もなく借金がバレにくい
  • メルペイスマートマネーは年収1万円以上あれば申し込める可能性が高い
  • メルペイスマートマネーは最短で即日融資を受けられるが、現金化には数日かかる
目次

メルペイスマートマネーの基本情報と貸付条件

メルペイスマートマネーとは、フリマアプリで有名なメルカリが2021年8月3日からサービスを開始した少額融資サービスです。

申し込みから融資まで、メルカリアプリで全て完結します。

メルカリは貸金業者登録済であり、金融庁が指定する貸金業法に遵守して貸付サービスを展開しているため、安心して利用できます。

メルペイスマートマネーの貸付条件

スクロールできます
利用対象年齢20歳〜70歳
借入限度額20万円
金利年3.0〜15.0%
無担保・無保証人
遅延損害金年20.0%
返済方法銀行口座からの自動引落し*
※11日、16日、26日の3日から選択
※メルカリの売上金やポイントで返済も可能
審査時間最短即日
融資スピードメルペイ残高反映:リアルタイム
銀行口座振込:申請から1〜3日後
在籍確認なし
無利息期間
郵送物なし
スマホATM取引

メルペイスマートマネーの金利は最大年15.0%と、銀行カードローンと同等の金利が設定されています。

大手消費者金融や他のスマホ決済アプリの貸付サービスは上限金利が平均年18.0%であるため、メルペイスマートマネーの方がよりお得に利用できるといえるでしょう。

他社よりも比較的低金利で融資を受けられる

通常、初めての借り入れの際は上限金利が適用されます。

極力金利を抑えたい人は、上限金利が少しでも低いところから融資を受けるべきです。

メルペイスマートマネーの上限金利は年15.0%と、他社よりも低く設定されています。

メルカリをよく利用している管理人の場合、金利(年率)は年10.0%で案内されました

例えば、他のスマホ決済アプリの貸付サービスであるLINEポケットマネーや、PayPay銀行カードローンの上限金利は年18.0%です。

大手消費者金融の中で金利が低いプロミスでも、上限金利は年17.8%です。

仮に上記の借入先から10万円を借りた場合、以下のような金利差が生まれます。

メルペイスマートマネーと他社の金利・利息一覧表

スクロールできます
借入先適用金利1日の利息1ヶ月(30日)の利息3ヶ月(90日)の利息6ヶ月(180日)の利息1年の利息
メルペイスマートマネー年15.0%41円1,233円3,699円7,397円15,000円
プロミス年17.8%49円1,463円4,389円8,778円17,800円
LINEポケットマネー、
PayPay銀行カードローンなど
年18.0%

49円1,479円4,438円8,877円18,000円

10万円を借り入れする場合、メルペイスマートマネーであれば、1年間で約3000円の利息を抑えられます。

上記よりも返済期間が長かったり借入額が大きかったりする場合は、さらに差が開くことはいうまでもありません。

審査通過後メルペイ残高へ融資額20万円を上限に入金される

メルペイスマートマネーで借りられるのは、20万円までと少額です。

融資額の上限はメルカリアプリ上で提示されます

融資上限額が低い理由はあくまで生活費や学習、スキルアップなどを支援することを目的としている場合が多く、スタートしたばかりのサービスであることも関係しているでしょう。

ただし、少額融資であるからといって、融資希望者全員が満額の20万円を借りられるわけではありません。

メルペイスマートマネーの利用上限額は、メルカリやメルペイの利用実績によって決まるためです。

メルカリやメルペイを頻繁に利用している人は信頼度が高いため、初めての借り入れでも満額の20万円を借りられる可能性があります。

しかし、これらサービスの利用実績がない人の場合、いきなり満額20万円を借りるのは難しいでしょう。

メルペイスマートマネーは借り入れの都度審査が行われるため、利用しながら徐々に信頼度を上げていくことで限度枠も大きくなる可能性があります。

メルペイスマートマネーに限りませんが、初めて利用する場合は、20万円いっぱいまでは借りられないと考えておくほうが賢明です。

メルペイスマートマネーで借りたお金がメルペイ残高に反映される

メルペイスマートマネーに申し込んだあと審査に通過すれば、希望した分の金額がメルペイ残高に反映されます。

チャージされたメルペイ残高の利用方法

  • メルカリアプリ内で利用する
  • メルペイ加盟店(iD決済、メルペイコード決済に対応のお店)で利用する
  • メルペイ決済ができる一部のネットショップで利用する
  • メルカリアプリ内のおくる・もらうで利用する
  • 銀行口座振り込み後出金する(現金化)

ただし、スマホATM取引で融資は受けられません。

スマホATM取引とは、スマホ1つでセブン銀行ATMやローソン銀行ATMでいつでも借入金を受け取れるサービスのことです。

スマホATM取引はローンカードは不要で、原則いつでも融資を受けられます。

大変便利なサービスですが、メルペイスマートマネーは対応していないため、スマホATM取引でいつでも融資を受けたい人は別の方法で借りましょう。

売上金やポイントでも返済が可能であり返済が厳しいときは相談できる

メルペイスマートマネーなら、返済もメルカリアプリで完結します。

返済は原則自動引落しであり、借り入れ時に登録した銀行口座から、指定した日*に返済額分が自動で引き落とされる仕組みになっています。

※毎月11日、16日、26日のいずれか

しかし以下のいずれかに該当する場合は、売上金やキャンペーンで貯めたポイントで返済も可能です。

  • 返済の設定より残高・ポイントを優先的に使用を設定している場合
  • 自動引落しに失敗した場合
  • 引落し日までに自動引落しの設定が間に合わなかった場合

なお、返済に充てられるポイントはキャンペーンや友達紹介でもらったポイントに限られており、売上金で購入したポイントは利用できません。

メルペイスマートマネーなら返済にも柔軟に対応してくれる可能性がある

昨今の不況が続く中、急に収入が減少したり予定外の出費があったりと、いつ返済が厳しくなってもおかしくありません。

メルペイスマートマネーの場合、少し返済を待ってほしい、支払い条件を変更してほしいなど、専用窓口に相談できます。

返済日や返済額などちょっとした返済プランの変更なら、メルカリアプリ上でいつでもおこなえます。

メルカリアプリは非常に使いやすく、利用状況などをいつでも把握できるため、誰でも安心して利用できるでしょう。

利用状況や毎月の返済額がわかるため借りすぎることがない

メルカリアプリでは、申し込み前から借り入れ後までいつでも利用状況が確認できます。

まず申し込みの際には、適用金利が表示されます。

そこから希望融資額と月々の返済額を入力するだけで、返済完了予定日と返済額の合計が表示されます。

借り入れの申請をする前に返済のイメージができるため、無理な借り入れは未然に防げます。

さらに借り入れた後も、次回の返済額や返済日、完済までの計画などをアプリでいつでも確認できます。

返済の見通しが立つため、今後の生活費の工面や追加融資の検討にも役立てられるでしょう。

計画とおりの返済が厳しいと判断される場合は、返済プランを見直すなど、事前に対策を立てることも可能です。

メルペイスマートマネーでは在籍確認も郵送物もないため融資はバレない

融資を受けるのに、家族や会社の同僚にバレたくないという人もいるでしょう。

借金がバレる大きな要因は、在籍確認のための電話連絡と自宅に届く郵送物です。

メルペイスマートマネーなら在籍確認も郵送物もないため、周囲の人に借金がバレる心配はありません。

実際にメルペイスマートマネーに調査したところ、メルペイとメルカリの利用実績をより重要視しているため、在籍確認はおこなっていません。

借り入れの申し込みから利用、返済までメルカリアプリで完結できるため、郵送物が自宅に届くことありません。

ただし、長期間返済が滞った場合、自宅に督促状が届く、催促の電話が自宅にかかってくる可能性があります。

返済遅延の際に電話や郵送物がある旨は、メルカリ公式HPにも記載されています

お電話または書面でご返済のご案内をすることがあります。

引用元:メルカリ公式HP

毎月の返済は原則登録している銀行口座から自動引落しされるため、返済が遅れることは稀です。

しかし、銀行口座内の残高が足りない場合は引き落としされないため、返済ができません。

返済できなき期間が長期間続けば、メルカリから連絡が入ることで、家族に借金がバレてしまう可能性があります。

どうしても借金が家族にバレたくない人は、返済が遅れないようにしましょう。

メルペイスマートマネーは初回返済の利息1ヶ月分がポイント還元される

メルペイスマートマネーを初めて利用する人は、初回返済時に支払う利息分がポイント還元されます。

つまり、一ヶ月間は無利息で利用できるということです。

返済は借り入れた日の翌月1日から可能であり、還元されるポイントは返済日の翌日に付与されます。

還元されたポイントはメルカリやメルペイスマート払い、メルペイスマートマネーの返済などに利用できますが、現金化はできません。

ポイント還元されるとはいえ、無利息で借りられるわけではない

メルペイスマートマネーの場合、ポイントで還元されるとはいえ、利息自体はかかるため大手消費者金融の一定期間無利息で借り入れできるわけではありません。

大手消費者金融の無利息期間は多くの場合30日間もしくは最長で180日間あり、もし無利息期間に完済できれば、実質無利息で融資を受けられます。

スクロールできます
消費者金融名無利息期間無利息が開始するタイミング
プロミス30日間初回借入日の翌日から
アコム 30日間契約日の翌日から
アイフル30日間契約日の翌日から
レイクALSA30日間
60日間(WEB申込限定)
180日間(5万円まで)
契約日の翌日から
初めて利用する人であることが条件(プロミス以外)

借り入れから30日程度で完済できる人は、無利息期間が利用できる大手消費者金融を活用しましょう。

メルペイスマートマネーの申込方法と利用するまでの手順と注意点

メルペイスマートマネーの申し込みは、メルカリアプリ内で完結するため非常に簡単です。

さらに以前からメルカリアプリを利用している人なら、より簡単に申し込めます。

しかし、サービスが開始されてから間もないということもあり、すぐに申し込めない場合もあります。

以下でメルペイスマートマネーの申込方法や注意点について、詳しく紹介します。

メルペイスマートマネーの申し込み方法

メルペイスマートマネーの申し込みは以下、手順でおこないます。

STEP1:メルカリアプリのダウンロード

まずはメルカリアプリをダウンロードし、メルカリアプリを利用できるようにします。以下の手順で登録を行いましょう。

  1. メルカリアプリをダウンロードする
  2. メールアドレス、パスワード、ニックネームを設定する
  3. 名前、生年月日、電話番号を入力する
  4. 認証番号が送信される
  5. 認証番号を入力する

以前からメルカリを利用している人で、すでに本人確認や銀行口座を登録している人は、STEP4の手続きのみで利用できます。

STEP2:アプリでかんたん本人確認

メルカリアプリをダウンロードしたあとは、アプリでかんたん本人確認をおこなわれます。

自分の顔と本人確認書類の写真、動画を撮影すると本人確認がおこなわれます。

本人確認書類として提出できる書類は、以下のものに限ります。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 日本国パスポート

本人確認書類はスマホのカメラを利用し提出しますが、提出写真はアプリの指示に従い、鮮明に撮影しましょう。

本人確認は順次対応していることもあって、数日〜数週間かかります。

マイナンバーカードを所持、電子証明の申請をしている人なら、待ち時間なしですぐに本人確認ができます。

STEP3:銀行口座の登録

本人確認が済んだら、銀行口座を登録しましょう。

口座番号や支店コード、暗証番号などを入力するだけで簡単に登録できます。

この時に登録する銀行口座が、メルペイスマートマネー返済時の自動引落し用口座となります。

STEP4:メルペイスマートマネーの申し込み

銀行口座を登録した後は、メルペイスマートマネーの申し込み手続きをおこないます。

マイページ内のメルペイスマートマネーをタップし、申し込みを始めるを選択しましょう。

申し込みの手順は、以下のとおりです。

  1. 申し込み情報を全て入力する
  2. 借入額と月々の返済額を入力する
  3. 表示されたシミュレーション結果を確認する
  4. 申し込み内容と電磁交付規約を確認する
  5. 契約の詳細とメルペイスマートマネー利用規約、メルペイスマートマネープライバシーポリシーを確認し同意して借入を申し込むをタップする
  6. ただいま審査中ですと表示されれば完了

メルペイスマートマネーが反映されていない場合はメルカリアプリ外から申し込もう

メルペイスマートマネーは上述した手順を踏めば、誰でも申し込めます。

ただし、メルカリアプリのマイページ内画面にメルペイスマートマネーが反映されていない場合があります。

管理人も申し込みを試みましたが、今までメルカリを全く利用したことがないため、メルペイスマートマネーに申し込めませんでした。

問い合わせてみたところ、メルペイスマートマネーは順次公開しているため、反映されるまでには時間がかかるとのこと。

しかし、Webからだとメルペイスマートマネーのサービスを利用できるようです。

管理人もアプリではなく、スマホのブラウザ(サファリ)からマイページにログインすることで、メルペイスマートマネーが表示され、申し込み画面に進めました。

どうしても今すぐ申し込みたい人は、Webから申し込みましょう。

メルペイスマートマネーの審査は甘い理由は審査方法が他社とは異なるため

メルペイスマートマネーは、他社とは全く異なる方法で審査をおこない、一般的な貸金業者は年齢や年収、勤続年数や預貯金など属性情報から借入限度額や金利を決めます。

しかしメルペイスマートマネーは、メルペイ月イチ払いやメルペイスマート払い、メルカリやメルペイの利用状況や行動実績を約4年間学習してきたAIが審査をおこないます。

年収などは考慮せずに、メルカリやメルペイの利用状況を元に適切に審査がおこなわれるのです。

例えば、メルペイスマートマネーが融資限度額を決定する場合、メルカリの利用状況から判断されます。

スクロールできます
融資限度額メルカリの利用状況
上がる場合これまでに多くの取引をしている
(商品の売買を行い、高い評価を得ている利用者)人なら、
今後もサービスを利用してくれる可能性が高く、返済能力もあると判断されるため
下がる場合あまり利用していない人の場合、返済能力があるかなど判断が難しいため

このようにメルカリやメルペイの利用状況だけで審査を行なっているため、他社で審査に通らない人でもメルペイスマートマネーなら借り入れできます。

メルペイスマートマネーがこの審査方法を採用できるようになったのは、2021年4月から改正割賦販売法が施行されたからです。

割賦販売法が改正されたことにより、以下のような審査ができるようになりました。

カード会社による利用者の支払実績等の膨大なデータに基づく、各社の創意工夫による与信審査に対応するため、包括支払可能見込額調査の特例として認定制度を創設。

引用元:経済産業省

いわゆるAIやビッグデータを使った与信審査が行えるようになったのです。

そのため、メルペイスマートマネーで融資を受ける際は、メルカリやメルペイの利用状況がより重要となります。

しかし、メルカリユーザーなら誰でも審査に通るというわけではありません。

メルカリユーザーでも審査に落ちる人の特徴6つ

メルペイスマートマネーは、メルカリやメルペイの利用状況から上限額や金利の審査をするため、メルカリユーザーはメルカリ初心者よりも審査に通過しやすいでしょう。

しかし、メルカリのヘビーユーザーでも、以下のような人は審査に落ちる可能性があります。

  • すでに数社から借り入れている人
  • 年収3分の1以上を他社から借り入れている人
  • 返済の滞納がある人
  • すでに他社で審査落ちしている人
  • 過去5年以内に債務整理をしている人
  • 過去10年以内に自己破産している人

メルペイスマートマネーでは、メルカリやメルペイの利用状況だけでなく、CICなど信用情報機関の情報も併せ、審査をします。

信用情報機関には他社からの借入状況の他、過去の滞納情報や債務整理の情報が登録されている場合、審査通過は難しくなります。

メルカリユーザーが金利を大幅に下げるための条件を解説

大手消費者金融や銀行カードローンの場合、年収や勤続年数などの属性情報によって借入限度額や金利が決まります。

初めての利用の際は信用度が低いこともあり、上限金利が適用されるのが一般的です。

メルペイスマートマネーは、メルカリやメルペイの利用状況によって借入上限額や金利が決まります。

そのため、メルカリを普段から利用している人であれば、初めての融資でも金利は大幅に下がるのです。

実際、メルカリで何度か利用している管理人の妹が、借り入れのシミュレーションをしたところ、適用金利は年11.2%でした。

この金利であれば、低金利で知られる銀行カードローンよりも金利条件が良いため、メルペイスマートマネーで融資を受けるほうがいいでしょう。

しかし、メルカリユーザーだからと言って必ず金利が下がるわけではありません。

はっきりとした条件は公表されていませんが、以下に該当する人は金利が優遇されると公式サイトに記載されています。

公式サイトにあるメルペイスマートマネーの金利優遇に関する記載

・メルカリの取引がしっかりと完了している

・出品をたくさんしている

・後払いなどの利用料を期日とおりに支払っている

・購入者から高評価を得ている

引用元:メルペイ公式サイト

メルカリユーザーで金利が下がる可能性が高い人は、あくまで高評価を得ていたり支払いがきちんと行われていたりと優良なユーザーに限られます。

逆にメルカリで低評価が多い、メルペイの支払いの滞納履歴がある人は良い金利条件で借りられないだけでなく、審査も不利になる可能性もあります。

追加融資を希望する際は再審査が必要であり申込時の状況から融資の可否が決定する

メルペイスマートマネーは借り入れの都度審査があり、申込時の状況から融資の可否が決定されます。

例えば、メルカリ初心者が初めて融資を受ける場合は、借入上限額が低くなる上に金利は高くなります。

しかし、メルカリで売上を伸ばしながら毎月きっちり返済していけば、信用度は上がり次回融資を受ける際には借入上限額も上がります。

借り入れの都度審査をすることで、より良い条件で借り入れできる可能性があるのもメルペイスマートマネーの特徴です。

再審査があることで返済能力を超える借金を負うリスクが少ない

メルペイスマートマネーは借り入れの都度、審査があることは一見すると面倒なのものです。

大手消費者金融や銀行カードローンであれば、新規申込時の審査で限度額が決まります。

追加融資の際は再審査なしで限度額内であれば、何度も借り入れや返済ができます。

しかし、都度、融資を受ける際に審査があることは欠点ではありません。

例えば、失業など経済状況はいつどう変わるかわかりません。生活が苦しくなれば、さらに融資を受けてしまい、借金を増やしてしまう原因になる可能性もあります。

メルペイスマートマネーなら、追加融資を希望する際に審査があることで、返済能力を超える借金を負うリスクが減ります。

メルペイスマートマネーは年収が1万円以上あれば利用できる

メルペイスマートマネーの利用対象年齢は20歳〜70歳までですが、以下3つの条件全て該当する人に限ります。

  • 引き落とし用の銀行口座を登録済みの人
  • 本人確認(eKYC)済みの人
  • メルペイスマートマネーの審査に通過している人

自動引落し用の銀行口座登録や本人確認は、メルカリアプリから誰でもすぐにおこなえます。

しかし、審査に通過する条件は公式サイトにも記載はなく不透明であるため、メルカリ初心者や収入のない専業主婦でも利用できるのかわかりません。

そこでメルペイスマートマネーを利用できる人について、調査しました。

メルカリ初心者でも利用できるが融資額は少なく借入時の金利は高くなる

メルペイスマートマネーは、メルカリを全く利用したことのない20歳〜70歳の人であれば、誰でも利用できます。

ただし、メルカリやメルペイの利用状況によって金利や融資額が決まります。

そのため、これまでに一度もメルカリを利用したことのない人は融資額が低くなるだけでなく、上限金利の15.0%が適用されます。

全くメルカリを利用したことのない管理人がシミュレーションしたところ、借り入れできる金額は20,000円、上限金利は年15.0%でした。

しかし以前から度々メルカリを利用している管理人の妹がシミュレーションした結果、借入限度額は80,000円、適用金利は年11.2%と表示されました。

この結果からもメルペイスマートマネーは、メルカリやメルペイの利用状況をより重視していることがわかります。

年収が1万円以上あれば利用できる可能性が高い

一般的に融資を受けられる人は、最低2〜3万円の安定した収入がある人に限ります。

2人に1人は審査に通る大手消費者金融のアイフルでも、安定した収入がないと借り入れできません。

そのため、収入のない専業主婦がお金を借りるのは非常に難しく、融資先もごくわずかと限られています。

そんな中でメルペイスマートマネーでは、年収が1万円以上ある人であれば、融資を受けられる可能性が高いです。

実際、全くメルカリを使ったことのない管理人と、度々メルカリを利用する管理人の妹でシミュレーションしてみました。

シミュレーションの際は大体の年収を入力する必要があり、今回は借入上限と金利の変動を見るために、さまざまな年収を入力して検証しました。

シミュレーション結果は、以下のとおりです。

メルカリ初心者の場合

スクロールできます
年収借入上限額適用金利
0円
1万円3,000円年15.0%
3万円10,000円年15.0%
6万円20,000円年15.0%
12万円20,000円年15.0%
24万円20,000円年15.0%
50万円20,000円年15.0%
100万円20,000円年15.0%
500万円20,000円年15.0%

メルカリユーザー(過去出品数17、5つ星評価20)の場合

スクロールできます
年収借入上限額適用金利
0円
1万円3,000円年11.2%
3万円10,000円年11.2%
6万円20,000円年11.2%
12万円40,000円年11.2%
24万円80,000円年11.2%
50万円80,000円年11.2%
100万円80,000円年11.2%
500万円80,000円年11.2%

上記は、あくまで借り入れ前のシミュレーションをした際の限度額及び金利です。

メルカリ公式サイトにもあるように、審査によって借り入れできる金額が変わる可能性もあるので、参考程度にご覧ください。

※ 借入できる金額は申し込み後の審査により変わることがあります
※ 審査の結果、ご利用をお断りする、または、ご希望の借入額の一部のみ借入可能となる場合がございます

引用:メルカリ公式サイト

上記のシミュレーションから、年収が1万円あれば融資を受けられる可能性が高いことがわかります。

さらにメルカリユーザーの方が金利が低く、上限枠が広いことがわかります。

したがって、少額のお金が必要でメルカリを一度でも利用したことのある人は、メルペイスマートマネーで融資を受ける方がいいでしょう。

ただし、メルペイスマートマネーは即日現金で融資を受けられません。

メルカリユーザーは最短即日にメルペイ残高で受取可能だが現金化には時間がかかる

メルペイスマートマネーはメルカリユーザーであれば、メルペイ残高として即日に融資してもらえる可能性があります。

メルペイスマートマネーを利用するには、大きく分けて以下の4つの手順を踏む必要があります。

  1. アプリでかんたん本人確認
  2. 口座登録
  3. 申し込み申請
  4. 審査

この4つの手順のうち、時間がかかるのは本人確認と審査です。

以前からメルカリを使っている人で、本人確認と口座登録が済んでいる人であれば、審査のみ時間がかかります。

審査は最短で即日完了するため、最短で即日融資を受けられます。

審査は最短即日完了するが申込数が多い場合は数日かかる

メルペイスマートマネーの審査にかかる時間は、公式サイトでは以下のように記されています。

お申し込みから通常1-2日で審査結果をお知らせします(場合によっては3日以上お時間をいただくことがあります)。

引用:メルカリ公式サイト

管理人が実際電話で問い合わせてみた結果、早ければ即日審査が終わることもあることがわかりました。

しかし以下の場合は、審査完了までに数日かかったり、審査落ちになったりする可能性もあります。

  • 申込数が多い場合
  • 入力ミスなどによって登録内容が異なる場合
  • 虚偽の申告が認められる場合
  • 信用情報に傷がある場合

メルペイスマートマネーの融資スピードは早く、審査が終わればすぐに融資希望額がメルペイにチャージされます。

つまり以前からメルカリを使っており、本人確認が済んでいる人は即日融資を受けられる可能性があるということです。

ただし、今までメルカリを一度も使ったことのない人は、即日融資はほぼ不可能といえます。

メルカリ初心者は即日融資はほぼ不可能

上述したとおり、メルペイスマートマネーの審査は最短で即日完了します。

しかし、今までメルカリを一度も使ったことのない人は、メルカリ残高として即日で融資を受けられません。

なぜならメルペイスマートマネーを申し込む前に、本人確認を済まさなければならないためです。

本人確認には、数日から数週間かかる旨が公式サイトに記されています。

本人確認につきましては、必要書類をご提出いただいたお客さまより、順次対応をおこなっております。お申込み状況により数日〜数週間お時間をいただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。

引用元:メルカリ公式サイト

現在はメルペイスマートマネーの利用が始まったこともあり、本人確認に時間がかかる傾向にあります。

管理人が電話で問い合わせた際は、2〜3日かかるとの返答がありました。

そこで全くメルカリを使ったことのない管理人が本人確認をしてみたところ、かかった時間は1日と4時間でした。

ただ、土曜日に申し込んで日曜日には本人確認が済んだことから、土日祝日でも本人確認はできることがわかります。

このように、メルカリを全く利用したことのない人は本人確認に数日かかるため、即日融資を受けることは難しいでしょう。

マイナンバーカードの電子証明の申請ができている人なら即日融資も可能

メルカリを今まで一度も利用したことのない人は、本人確認に数日かかるため即日融資は受けられません。

しかし、マイナンバーカードの電子証明の申請済みの人であれば、本人確認が3分ほどで終わるため最短で即日融資を受けられる可能性があります。

マイナンバーカードの電子証明の申請ができている場合の本人確認は、以下のようにおこなわれます。

  1. マイナンバーカードをスキャン
  2. 必要項目の入力(名前、電話番号、職業のみ)
  3. 4桁のパスコードの作成

本人確認が終わり次第、銀行口座を登録しメルペイスマートマネーの申し込みをすると審査が行われるため、早ければ即日融資を受けられるでしょう。

ただし、借入金を現金化するのには数日かかります。

直接現金は借りられない理由は申請から振り込みまで数日かかるため

メルペイスマートマネーで借りたお金は、メルカリアプリ内のメルペイ残高に入金されます。

スマホATM取引にも対応しておらず、直接現金を借り入れられません。

しかし、メルペイにチャージされた借入金を銀行振り込みすれば、現金化できます。

メルペイ残高を銀行振り込みするには、以下の手順で事前申請が必要です。

  1. メルペイ画面下部の振込申請をタップ
  2. 振込先の口座情報を入力する
  3. 口座情報を確認する
  4. 振込したい金額を入力する

銀行振込の申請ができるのは、メルペイ残高が201円以上ある場合に限ります。

なお、1回の振り込みにつき200円の手数料がかかるため、振込したい金額を入力する際は振込手数料を含めた金額を入力しましょう。

銀行振込の申請をしたあと、実際に振り込まれるまでのスケジュールは以下のとおりです。

ゆうちょ銀行以外の場合

スクロールできます
申請時間振込日
0時00分〜8時59分月〜木曜日:翌日
金曜日:翌々日(月曜日)
土曜日:3日後(火曜日)
日曜日:翌々日(火曜日)
9時00分〜23時59分月〜水曜日:翌々日
木〜金曜日:4日後
土曜日:3日後(火曜日)
日曜日:翌々日(火曜日)

ゆうちょ銀行の場合

スクロールできます
申請時間振込日
0時00分〜8時59分月〜火曜日:3日後
水〜土曜日:5日後
日曜日:4日後(木曜日)
9時00分〜23時59分月曜日:4日後(金曜日)
火〜金曜日:6日後
土曜日:5日後(木曜日)
日曜日:4日後(木曜日)

上記の振込スケジュールから、申請から振り込みまでに少なくても2〜3日かかることがわかります。

振込先がゆうちょ銀行に限りお急ぎ振込も可能ですが、利用しても即日振込はできません。

お急ぎ振込のスケジュールは、以下のとおりです。

スクロールできます
申請時間振込日
0時00分〜8時59分月〜木曜日:翌日
金曜日:翌々日(月曜日)
土曜日:3日後(火曜日)
日曜日:翌々日(火曜日
9時00分〜23時59分月〜水曜日:翌々日
木〜金曜日:4日後
土曜日:3日後(火曜日)
日曜日:翌々日(火曜日)

お急ぎ振込を利用する場合は、お急ぎ振込手数料としてさらに200円かかります。

したがって、メルペイスマートマネーはすぐに現金が必要な人には不向きです。

直接現金で融資を受けたい人は、スマホATM取引やローンカードでいつでも現金が借りられる大手消費者金融や銀行カードローンを利用すべきでしょう。

目次